御心が天で行われるように、私にも

 あなたたちの神、主を試してはならない。申命記6:16

 御心が行われますように。
天におけるように地の上にも。マタイ6:10

 マタイ19:16~26
 サムエル記上23:1~18(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句3/28;木)

 奴隷状態であったエジプトから脱出したイスラエルの民。
荒野の旅を続けてレフィディムで宿営したとき、
そこには飲む水がなかったのだそうです。

 そこで民は、神である主を試みて、
「いったい、なぜ私たちをエジプトから連れ上ったのですか。
私や、子どもたちや、家畜を、渇きで死なせるためですか」と
モーセに迫り、
モーセを石で打ち殺そうとしたのだそうです。

 「【主】、「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方は
私たちの中におられるのか、おられないのか」と言って。

 つぶやき、反抗することで、
神である主がおられるのか、おられないのかを試した、ということのようです。

 「神のひとりのようになり、
善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、26)

 私たちの本性は、このようなのですね。
〔父である神〕は、
その、創造の目的から「的外れ」になっている
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を
イエスに合体させて、
イエスが受けられた十字架刑での処刑で、
処刑されたもの、死んだものとしてくださるのだそうです。

 そして、受け入れる者に、
もう一人の方、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって、
この方によって私たちの心に、
ご自身が、私たち一人一人に思っていてくださる御思いを置き、
書きしるしてくださって、
受け入れる者の心に御自身の御思いがあるように
してくださるのだそうです。

 私たちが、ご自身と一つ心になって、
「われわれのかたちとして、われわれに似せた」(創世記1:26)、

「それは父よ、
あなたがわたし(イエス)におられ、
わたしがあなたにいるように、
彼らもわたしたちにおるようになり、
わたしたちが一つであるように
彼らも(わたしたちと)一つである」(ヨハネ17:21~22)者へと、
新しく生まれて。

 それで、その新しい生き方をしている者は、
〔父である神〕の御心が行われることを願っていくようになるのだそうです。
愛と尊敬において。

 御心が、天で、天使たちの間で行われているように、
地の上でも、
私にもなるようにと。

 自分の努力では、
神の御思いに添えない者であることを認めて、
イエスの言葉、
〔父である神〕の御思いについて行く者にしていただいて。

 神にはどんなことでもできる(マタイ19:16~26)
のだそうですから。
今日も。


(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教でしたい、
また、婚活で広く出会いを求めたい、等の
お問い合わせもどうぞ。)

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック