私も世界に対して十字架につけられて

 あなたは多数者に追随して、
悪を行なってはならない。出エジプト記23:2

 兄弟としていつも愛し合いなさい。ヘブル書13:1

 ガラテヤ書6:(11~13)14~18
 サムエル記上25:1~17(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句3/30;土)

 私たちは、
天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方によって
造られたものなのですね。

 「われわれのかたちとして、
われわれに似せて」(創世記1:26)と望まれて。

 イエスが言われているように、
「それは、父よ、
あなたがわたしにおられ、わたしがあなたにいるように、
彼らもわたしたちにおるようになり、

 私たちが一つであるように、
彼らも(わたしたちと)一つである」(ヨハネ17:21~22)ように、と。

 けれども、私たち、
その造られた場所にとどまらないで、
もっと素晴らしい者になろうとし、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」(創世記3:5、22)ようになって、
「的外れ」になっているのですね。

 それで、私たちは人の評判、人から受ける評価を気にし、
多数者に追随し、
あるいは、権力者の側に立って
不当な証言をしてしまうのですね。

 また、周りの人とも対立、対抗し、
あるいは無視して、顧みようとしないのですね。

 〔父である神〕は、
その、「的外れ」になっている
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を、
イエスの受けてくださった十字架刑での死刑に合体させて、
処刑済みのもの、
死んだものとしてくださるのだそうです。

 世界は私に対して十字架につけられ、
私も世界に対して十字架につけられた者に(ガラテヤ6:14)。

 そして、墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日に渡って何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
〔父である神〕の右の座に復帰されたイエス。

 そのイエスを通して、受け入れる者に来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれる方。
この方は、受け入れる者のうちに住んでくださり、
私たちの心に〔父である神〕の御思いを置いてくださるのでそうです。

 それで、受け入れる者は、
部分的であったり、不完全ではありますが、
〔父である神〕と心を一つにしていただけるのだそうです。

 ナバルのような頑迷な、よこしまで愚かな心から、
アビガイルのように聡明な心に(Ⅰ列王25:1~17)。

人の評価を気にしないで、正しい証言をし、
兄弟としていつも愛し合う心にも。
今日も。

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教でしたい、
また、婚活で広く出会いを求めたい、等の
お問い合わせもどうぞ。)

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック