泣きながら出ていく者は、喜び叫びながら帰って来る

腰に帯を締め、
ともし火を灯していなさい。ルカ12:35(11/24の週の聖句)



 光は正しい人のために現れ、
喜びは
心のまっすぐな人のためにあらわれる。詩97:11(口語訳)



 悲しむ人は幸いである。
その人たちは慰められる。マタイ5:4



 マタイ25:1~13
 詩126(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句11/24;Ⅳ日曜)


 主人の帰りを待つしもべのように、
花婿の到着を出迎える乙女たちのように、
腰に帯を締め、
油を受け続けながら、
ともし火を灯して待っていなさい、というのですね。
主人の帰りが、花婿の到着がいつであるか
私たちは知らないのですから。



 光は正しい人のために、
喜びは心のまっすぐな人のために蒔かれとおり、
あらわれるのだそうですから。



 今、悲しんでいる人も、
その悲しみをかなしみのまま、
まっすぐに、天の神、【主】に持っていって、
天の神、【主】の慰めを受け、幸いな者となるのだそうですから。


 それで、私たちもうたうのですね。
【主】がシオンの繁栄をもとどおりにされたとき、
私たちは夢を見ている者のようであった。
そのとき、私たちの口は笑いで満たされた。
私たちの舌は喜びの叫びでみたされた。

そのとき、国々の間で、人々は言った。
「【主】は彼らのためにおおいなることをなされた。」
【主】は私たちのために大いなることをなされ、
私たちは喜んだ。
【主】よ。ネゲブの流れのように、
私たちの繁栄を元どおりにしてください。
涙とともに種を蒔く者は、
喜び叫びながら刈り取ろう。
種入れをかかえ、泣きながら出ていく者は
束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。(詩篇126新改訳)、と。
この新しい週も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉



イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント