恋い慕う罪を、支配する者に、と

もしお前(カイン)が正しいなら、
顔を上げられるはずではないか。
正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、
お前を求める。
お前はそれを支配せねばならない。創世記4:7



 しかし、あなたは正義、信心、信仰、
愛、忍耐、柔和を追い求めなさい。Ⅰテモテ6:11



 Ⅰコリント2:11~16
 マルコ3:1~6(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句1/14;火)


 アダムとエバの長男カインは、
大地の実りを【主】へのささげ物として持って来、
弟アベルは自分の羊の初子の中から、
肥えたものを持って来たのだそうです。


 すると、天の神、【主】は、
アベルとそのささげ物に目を留められたのですが、
カインとそのささげ物には目を留められなかったのだそうです。
それでカインは激しく怒り、顔を伏せたのですが、
そのカインに、天の神、【主】は、このようにおっしゃられたのですね。



 そして、カインは、
カインを恋い慕い、自分の思うようにさせようとする罪を
支配、管理することができず、
罪の思うままに、弟アベルを殺すことになったのだそうです。



 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
その、罪に支配され、人を殺していく私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を、
イエスが受けてくださった十字架刑での処刑に合わせて
処刑が終わったもの、死んだものとしてくださるのだそうです。



そのうえで、
墓に葬られ、

三日目に、死人のうちから新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、【父である神】の右の座に復帰されたイエスを通して、
【聖である霊】と呼ばれる方が来てくださるのだそうです。



 私たちの心に【父である神】の御思いを置き、
受け入れる者が、【父である神】と一つ心になって生きるようにと。



 それで私たちの心にも、【父である神】の御思い、
正義、信心、信仰、
愛、忍耐、柔和を追い求める思いも来るようになるのだそうです。



 【父である神】の御思いをよく知っておられる
【聖である霊】と呼ばれる方が私たちに来てくださるので、
この方をお迎えした者はキリストの心を持つ、
【父である神】の御思いが成ることだけを
求める者ともしていただけるのだそうです。(Ⅰコリント2:11~16)


 イエスは、
「わたしが天から下って来たのは、
自分の思いを行うためではなく、
わたしを遣わされた方のみこころを行うためです」と言われ、
「わたし自身からは何事もせず、
ただ父がわたしに教えられたとおりに、
これらのことを話している」(ヨハネ8:28)方なのだそうですから。



 安息日であっても、
【父である神】の御思いのとおりに、
片手の萎(な)えた人の手を動かせるようになさって。(マルコ3:1~6) 



 私たちも、
【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる
【父である神】の御思いによって生きる者、
罪を支配する者にと。
今日も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉



イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント