咎(とが)を数えられず、心に欺きのない者へと

いかに幸いなことでしょう。
主に咎(とが)を数えられず、
心に欺(あざむ)きのない人は。詩32:2



 古いものは過ぎ去り、
新しいものが生じた。
これらはすべて神から出ることであって、
神は、キリストを通して私たちを
ご自分と和解させてくださいました。Ⅱコリント5:17~18



 申命記4:5~13
 Ⅰコリント1:1~1~9(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句1/20;月)


 私たちを幸いな者としてくださるのですね。
天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)は。
私たちの咎(とが)の全部を御子イエスの上に置き、
この方を十字架刑で処刑して、
私たちを処刑済みのものとして。



 さらに、死んで葬られ、
三日目、死人の中から新しい霊のからだに復活し、
天の、【父である神】の右の座に復帰されたイエスを通して、
もう一人の方、【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣し、
この方によってご自身の御思いを私たちの心に置き、
ご自身の御思いが受けれる者の心にあるようにして、
私たちを心に欺(あざむ)きのない者として。



 創造主である天の神、【主】から離反し、
「神の一人のようになり、
善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、22)
〔生まれたときからの私〕という霊を死んだ古いものとし、


 【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる
【父である神】の御思いで生きる、
神と和解した新しい人として。



 「このような神を持ち、知恵と悟りのある、
そして、正しい掟と定めを持つ偉大な国民」(申命記4:6~8)とし、
あらゆることばとあらゆる知識において、
キリストにあって豊かな者とし、
どんな賜物にも欠けることがなく、
熱心に、主イエス・キリストの現れを待ち望む者とし、
イエス・キリストとの交わりに入れて、
私たちを幸いな者に、と。(Ⅰコリント1:5~9)
今日も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉



イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント