宝のある所に、心もある、のだそうですから

私の道が確かになることを願います。
あなたの掟(おきて)を守るために。詩119:5



 イエスは、
天に上げられる時期が近づくと、
エルサレムに向かう決意を固められた。ルカ9:51



 マタイ6:16~21
 Ⅰコリント11:27~34(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/26;水)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)の掟を守る、
この方への愛のゆえに、
自由意思で、自分から進んで
この方と思いを同じくし、一つ心になって歩むという
私の道が確かにされ、堅くされますように、というのですね。



 「わたしが天から下って来たのは、
自分の思いを行うためではなく、
わたしを遣わされた方のみこころを行うためです」(ヨハネ6:38)
と仰られるイエスは、
いよいよ、
その【父である神】から委託された出来事のクライマックス、
贖(あがな)い小羊として屠(ほふ)られる、
すべての人の身代わりとなり、
すべての人が、「神の一人のようになり、
善悪を知る」ようになって(創世記3:5、22)、
「的外れ」になっている責任を背負い、
神に背いた者、神に呪われた者となって(申命記21:23)、
木に掛けられる、
十字架刑で処刑される、
その時期が近づいたのを感じられ、
エルサレムへと毅然として進んでいかれたのだそうです。



 ご自身の死によって、
私たちの「神の一人のようになり、善悪を知る」ようになって、
「的外れ」になっている
私たちの「生まれたときからの私〕という霊を
処刑が終わっているもの、死んだものとし、



 【聖である霊】と呼ばれる方によって、
【父である神】の御思いを心に置いて、
【父である神】の御思いが私たちの心にあり、
受け入れる者が【父である神】と思いを同じくし、
心を一つにして歩む者になるようにと。



 だから、このこと、
イエスの死によって自分を死んだものとしていただき、
イエスを通して来て下さる【聖である霊】と呼ばれる方によって、【父である神】と思いを一つにして、
【父である神】の御心を行う道を歩ませていただきたい、
との願いを持たないままで「聖餐式」を受ける者は、
主イエスのからだと血に対して罪を犯すことのなる、
とパウロは言うのですね。(Ⅰコリント11:27~29) 



 私たちは、宝のあるところ、そこに心もある者(マタイ6:21)
なのだそうです。
何を大切にしているかで、心のありかが決まるようですね。



 【父である神】は、私たちを、
神を愛し、神に思いがある、
天に宝を持つ者にしようとしていてくださるようですね。
今日も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉



イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント