互いに思いやり、重荷を担い合う思いも

耳の聞こえない者を悪く言ったり、
目の見ぬ者の前に
障害物を置いたりしてはならない。
あなたの神を畏れなさい。レビ記19:14



 互いに重荷を担いなさい。
そのようにしてこそ、
キリストの律法を全うすることになるのです。
ガラテヤ書6:2



 Ⅱコリント13:3~9
マルコ11:12~19(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句3/13;金)


 【父である神】は、
【御子である神】が、ご自身の御思いを受けて、
人間イエスとして人の世に下り、
ご計画のとおりに、
すべての人間の「的外れ」の責任を負って、
神に背き、神に呪われた者となって
十字架刑での処刑を受けられたことで、
「神の一人のようになり、善悪を知る者」となって

「的外れ」になっている(創世記3:5、22)
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑が終わったもの、死んだものとしてくださるのだそうです。



 そのうえで、【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣して、
この方によってご自身の御思いを私たちの心に置き、
私たちの心にご自身の御思いがあるようにし、
受け入れる者がご自身と思いを一つにして生きることが
できるようにしていてくださるのだそうです。(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23)



 それで、受け入れる者は、
耳の聞こえない者を軽んじ、悪く言う思い、
目の見えぬ者の前につまずく物を置くような思いは、
イエスが受けてくださった十字架刑での処刑で処刑された、
死んだものから出て来たものであることを認め、
これをイエスの御前に差し出し、受け取っていただきながら、
【聖である霊】と呼ばれる方によって心に来る
【父である神】の愛の御思いで行動するのだそうです。



 【父である神】と思いを一つにしていただき、
互いに重荷を担い合いながら。



 私たちの内に、【聖である霊】と呼ばれる方によって、
【父である神】と思いを一つにしておられる
イエス・キリストの思いがあり、
葉は茂っているのに実は一つもないいちじくの木のように、
宗教的行事には熱心だけれど、
神の御思いからは遠く離れているような者ではなく(マルコ11:12~17)、
神の子にふさわしい、完全な者に
していってくださるのだそうですから。(Ⅱコリント13:3~9)

 今日も。



(近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント