神が懲らしめられるとき

主よ、
怒って私を責めないでください。
憤って懲らしめないでください。詩6:2



 神は、私たちを
怒りに定められたのではなく、
私たちの主イエス・キリストによる
救いにあずからせるように
定められたのです。Ⅰテサロニケ5:9



 ヨブ記1:1~22
 Ⅰコリント13:8~13(通読箇所)

   (ローズンゲン日々聖句3/3;火)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
私たちを放置しておられるのではなく、
私たちが間違った方向にどんどん進もうとするとき、
私たちを懲らしめ、
正しい方向に戻そうとしてくださる方なのですね。



 私たちをイエス・キリストによる救いにあずからせようと
御心に定めてくださっていて。



 ヨブは、サタンの意地悪な訴えによって、
一日のうちに、財産の全部と七人の息子、三人の娘を
失ってしまうという災難に遭いました。



 けれども、彼は、サタンが言うように、
それで神を呪うようなことはしなかったのだそうです。

「私は裸で母の胎から出て来た。
また裸でかしこに帰ろう。
【主】は与え、【主】は取られる。
【主】の御名はほむべきかな」(ヨブ1:1~22)、と。



 彼は、
何で自分にこのような災難が降りかかったのか
理解できなかったのでしょうが、
自分が知っていること、理解できることは
一部分にすぎないことを知っていたのでしょうね。
だから、自分の部分的な知識でことを決め、
結論を出してしまうことはしなかった。



 私たちも、主イエスが派遣していてくださる
【聖である霊】と呼ばれる方の働きの現れ、
異言だとか預言だとか様々な知識だとかを持っています。


 しかし、それらは部分的なものであり、
完全なものが現れたらすたれるものなのですね。

それは、銅板に映ったものを見ているような、ぼんやりしたもので、

やがて、顔と顔を合わせて見るように見る、
そのときが来るのだそうです。



 私たち、今は一部分しか知りませんが、
そのときには、私が完全に知られているのと同じように、
私も完全に知ることに。



 いつまでも残るのは信仰と希望と愛。
その中で一番すぐれているものは愛。
だから愛を追い求めていくように、
とパウロは言っているようです。(Ⅰコリント13:8~13)



 私たちも、
自分の知るところ、理解しているところは
一部分であることを認めて、
愛を、愛である天の神、主を求めて行きたいですね。
神の懲らしめにあっているときにも。



(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉





イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント