苦難の中で、私の霊が衰え果てているときにも

人の子は、仕えるために、
また、多くの人の身代金として
自分の命を献げるために来た。マタイ20:28(3/29の週の聖句) 



私の霊がなえ果てているとき、
私がどのような道に行こうとするか、
あなたはご存じです。詩142:4



私たちの主イエス・キリストの父である神、
慈愛に満ちた父、慰めを豊かにくださる神がほめたたえられますように。

神は、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださる。Ⅱコリント1:3~4



 マルコ10:35~45
 詩102(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句3/29;Ⅴ日曜) 


 【独り子なる神】が、人間イエスとして人の世に来られたのは、
王となって人々から仕えられるためではなく、人々に仕え、
多くの人のための贖あがないの代価、身代金として
自分の命を私たちに与えるためだったのだそうですね。



 この方は、私たちが苦しみ、
私たちの霊が私のうちで衰え果てているときにも、
私が行く道をよく知っておられ守ってくださるのだそうです。
【父である神】が私たちのあらゆる苦しみ、どのような苦しみの中にいるときにも、慈愛をもって慰めてくださるのだそうですから。



 「神の一人のようになろうとして善悪を知る者」となっていて(創世記3:5、22)、
神の創造の目的(創世記1:26)から「的外れ」になっている私たちの〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは、
人よりも先に立つ者に、
人よりも上に立つ者になりたい思いなのですね。
イエスの12弟子たちがそうであったように。(マルコ10:35~41)



 けれども、【父である神】は、
この【独り子である神】、人となられたイエスが
十字架刑での処刑を受けて、いのちを献げてくださったことにより、

私たちのその〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑が終わっているもの、死んだものと
手続きしてくださっているのだそうです。



 その上で、私たちにもう一人の方、
【聖である霊】と呼ばれる方を派遣してくださって、
この方の働きによって私たちの心にご自身の御思いを置き、
私たちの内にご自身の御思いがあるように
してくださるのだそうです。
受け入れる者が
ご自身と一つ思いになって生きることができるように、と。



 それで、私たちのうちにも、
えらくなりたいと思う者は皆に仕える者に、
人の先頭に立ちたいと思うものは、
皆のしもべになる(マルコ10:42~44)思いが
来るようになるのだそうです。
苦難にある人を慰める者ともしてくださって。
今日も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉





イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント