約束の言葉に、しっかり、留まり

あなたの神、主の戒めを守り、
主の道を歩み、
彼を畏

おそれなさい。申命記8:6



あなたは、

自分が学んで確信したことから
離れてはなりません。Ⅱテモテ3:14


 ヤコブ書4:1~10
 Ⅰコリント14:6~19(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句3/5;木)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は
私たちを幸せにしようと思っておられるのだそうです。



 ちょうと、エジプトから出て来たイスラエルの民を
良い地に導き入れようとしておられたように。



 だから、この方の御思いと思いを一つにし、
この方の思われるとおりを生き、
この方を愛し敬いなさいと言われるのですね。



 聖書に親しみ学んで確信していることから離れないで、
そこにとどまって。



 私たち、
天の神、【主】から、
この方と思いを一つにしながら生きるようにと
願われて造られていながら、
そこにとどまらないで、
もっと素晴らしい者になろうと誘われて、
「神のひとりのようになり、
善悪を知るようになっている」(創世記3:5、22)のだそうです。



 その私たちの
〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは
果てしない欲望であり、
そこから人殺し、他の人をいない方がいいとする思い、
争い、戦い、神に敵対しこの世を愛する思いなのだそうです。



 けれども【父である神】は、
そのような私たちをなお愛し、豊かな恵みを与えようと思われ、
【御子】である方を、人として私たち人間の世に遣わされ、
この方を「贖あがないの小羊」、
私たちの身代わりとして十字架刑で処刑し、
私たちの、この〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑が終わったもの、死んだものとしてくださるのだそうです。



 そして、死んで墓に葬られたイエスを、
三日目に死人の中から新しい霊のからだに復活させ、
40日にわたって何度も弟子たちに現れさせ、
イエスが生きていることを証明したうえで、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、ご自身の右の座に復帰させなさったのだそうです。



 そして、このイエスを通して、
ご自身が、ねたむほどに愛し慕っておられる方、
【聖である霊】と呼ばれる方(ヤコブ4:5)を私たちに派遣し、
私たちの心にご自身の御思いを置いてくださり、
私たちの内にご自身の御思いがあるようにし、
受け入れる者がご自身と思いを一つにして生きられるように
していてくださるのだそうです(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23)。



 だから二心の私たち、単一な心になって、
高ぶるものであることを認め、
嘆きなら嘆きだけ、悲しいなら悲しいだけ、
憂いなら憂いだけになりきって神に近づく、
神の御前に出て行けばいいのだそうです。
そうすれば、天の神、主が私たちを高く上げ、
主の道を歩む者にしてくださるのだそうですから。(ヤコブ4:1~10)



 私たちも、この約束の言葉をしっかり握って、
神の御思いの中へと。
今日も。



(近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント