真実と正義、平和をもたらす方の御思いの中へと

互いに真実を語り合え。
城門では真実と正義に基づき、
平和をもたらす裁きをせよ。ゼカリヤ書8:16



 愛は不義を喜ばず、
真実を喜ぶ。Ⅰコリント13:6



 ロマ書6:12~18
 Ⅰコリント14:26~40(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句3/7;土)


 悪魔、サタンは、
私たちが、偽りを語り、
不正な、かたよった、
いさかいを起こさせるような裁判をさせようとするのだそうです。



 けれども、愛そのものである天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
私たちを、隣人となりびとに対して真実を語り、
真実と平和をもたらす公正さをもって
裁きするようにしてくださるのだそうです。
不正を喜ばず、真理を喜ぶ方なのだそうですから。



 私たちは、天の神、【主】によって、
この方と思いを一つにする者をと願われ
造られていながら(創世記1:26)、
もっと素晴らしい者になろうとして、
「私は天に上ろう。
神の星々のはるか上に私の王座を上げ、
天使の会合に出て(議長の)座に着こう。

神の御住まいである密雲の頂に上り、
いと高き方のようになろう」(イザヤ14:12~14)とする
サタンに似た者となり、
「神のひとりのようになり、
善悪を知るようになって(創世記3:5、22)、
神に対立、対抗する「的外れ」な者となっています。


 【父である神】は、そのような私たち人間を、
なお、愛し、大切に思い、
最初の目的のとおりの、
ご自身と思いを一つにする者へと
回復しようと願っておられるのだそうです。



 それで、【御子である神】を預言のことばのとおりに、
「女の子孫」(創世記3:15)として、
ダビデ王の子孫の一人である処女マリヤの胎をとおして、
ダビデの町ベツレヘムで生まれさせ、
この方がおよそ33歳のころ、
この方を私たちすべての人間の身代わりの「贖あがないの小羊」として
木に掛け、十字架刑で処刑され、
私たちの、「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになって
「的外れ」になっている私たちの
〔生まれたときからの私〕という霊を、
死刑が終わったもの、死んだものとしてくださるのだそうです。



 そのうえで、死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
天の、【父である神】の右の座に復帰されたイエスをとおして
もう一人の方、
【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣してくださって、
この方によってご自身の御思いを私たちの心に置き、
私たちの心に【父である神】の御思いがあるようにし、
受け入れる者がご自身と思いを一つにして生きることが
できるようにしていてくださるのだそうです。



 罪、「的外れ」な生き方の奴隷であった私たちを、
罪、「的外れ」な生き方から解放し、
義の奴隷、神のみこころと思いを一つにして生きる者に
していてくださるのだそうですから。



 この死ぬべきからだを罪に支配させ、
からだの欲望に従って使い、
この手足を不義の道具として罪にささげていたところから、
イエス・キリストによって死者の中から生かされた者として
自分自身を神に献ささげ、
手足を義の道具として神に献げる者に(ロマ6:12~18)、と。



 賜物、【聖である霊】とよばれる方の具体的な現れについても、
集まりの中では、皆の成長に役立つように、
適切に、秩序正しく。


 神は混乱の神ではなく、
平和の神なのだそうですから。(Ⅰコリント14:26~40)



 私たちも、この神の、真実な御思いのとおりに。
今日も。



(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉





イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント