心の中では、人を憎んでしまう私たちを

キリストが
私たちのために死んで下さったことにより、
神は私たちに対する愛を
示されました。ロマ書5:8(3/8の週の聖句)



心の中で兄弟を憎んではならない。
同胞を率直に戒めなさい。
そうすれば
彼の罪を負うことはない。レビ記19:17



 敵を愛し、
自分を迫害する者のために祈りなさい。
あなたがたの
天の父の子となるためです。マタイ5:44~45



 ヨハネ3:14~21
 詩123(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句3/8;Ⅱ日曜)


 【父である神】は、
実に、そのひとり子を私たちに与えくださったほどに
私たちを愛していてくださるのだそうです。



 【御子】である方を、人として人の世に派遣し、
私たちの身代わりの「贖あがないの小羊」として十字架刑で処刑し、
私たちの、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」者になって、
神に対立、対抗し「的外れ」なものになっている
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を、
処刑が終わっているもの、
死んだものとしていてくださって。



 そして、死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
ご自身が生きていることを証明し、神の国のことを語ったのち、
天の、【父である神】の右の座に帰られたイエスに代わって、
もう一人の方、【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣し、
この方によってご自身の思いを私たちの心に置き、
私たちの内にご自身の御思いがあり、
受け入れる者が
ご自身と思いを一つにして生きることができるように、と。
(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23) 



 【父である神】は、
御子イエスを信頼する者が一人として滅びることなく、
永遠のいのち、
ご自身とひとつになって生きる生き方を持つようにと
願っておられるのだそうですから。



 【父である神】は、
世をさばくためではなく、
【御子】によって世を救いたいと願って
【御子】を世に遣わされたのだそうですから。(ヨハネ3:14~17)



 私たちの〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは、

人を中傷して回ったり、
心の中で憎んだりする思いですが、



 【聖である霊】と呼ばれる方によって私たちに来る
【父である神】の御思いは、
敵対する人をも愛し、
意地悪をする人のためにとりなし祈る思いなのだそうです。



 天の、【父である神】の子の身分を与えられた者に
ふさわしい思いが。



 それで私たちも、
しもべたちの目が主人の手に向けられ、
仕える女の目が女主人の手に向けられ、注視するように、
心に来る【父である神】の御思いに目を向けるのですね。
【父である神】が、
私をとおしてしようと思われることを私はしよう、と。
この新しい週も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉



イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント