聞き分ける心、知る力、見抜く力をいただいて

主はソロモンに
「何事でも願うがよい。
あなたに与えよう」と言われた。
ソロモンは
「どうかあなたの民を正しく裁き、
善と悪を判断することができるように、
この僕に聞き分ける心をお与えください」
と言った。列王記上3:5、9



 パウロの手紙:
知る力と見抜く力とを身に着けて、
あなたがたの愛が
益々豊かになるように。フィリピ書1:9~10



 サムエル記上16:14~23
 Ⅰテモテ1:12~20(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句5/12;火)

 
 ダビデの後を継いで、
イスラエルの王となった若いソロモンは、
天の神、主から、
「何事でも願え」と言われたとき、
自分の長寿でも、富でも、敵のいのちでもなく、
民を正しく裁くために、正しい訴えを聞き分ける
判断力を願ったのだそうです。



 パウロが、
イエスを通して来て下さる
【聖である霊】と呼ばれる方によって私たちに来る、
知る力、識別力と見抜き、見分ける力によって、
愛がいよいよ豊かになるようにと願っているように。



 イスラエルの初代の王、
サウルのようなことにならないように、と。

【主】の霊が彼から去ると
災いの霊が来て、
彼をおびえさせた(Ⅰサムエル16:14)のだそうですから。



 使徒として立てられたパウロも、
以前は、
自分の善悪の判断に従って、
神に従っているつもりでイエスの弟子たちを迫害し、
暴力をふるう者、弟子たちを捕らえて牢に入れる者でしたが、
罪人を救うために世に来てくださったイエスによって現された
神のあわれみ、寛容によってその「的外れ」を赦され、
神との信頼関係の中で、
永遠のいのちで生きる、
【聖である霊】と呼ばれる方によって心に来る
【父である神】の御思いと思いを一つにして生きる者の
見本とされたように。(Ⅰテモテ1:12~16)



 【聖である霊】と呼ばれる方は、私たちにも、

【父である神】の御思い、その善悪の判断を心に置き、
ものごとを見分け、聞き分けて、
【父である神】がしようと思われることをしていく者に、と、
してくださるのだそうですから。



 いよいよ、愛が豊かになるように、と。
今日も。





(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉





イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント