大きな危険、死の危険からも救い出してくださる方に、希望をかけて

主はシオンを再び治められる。ゼカリヤ書1:17



神は、
これほど大きな死の危険から
私たちを救ってくださったし、
また救ってくださることでしょう。
私たちは神に希望をかけています。Ⅱコリント1:10



 Ⅰペテロ3:8~17
 マルコ5:21~34(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句8/7;金)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
シオン(エルサレム)をねたむほど激しく愛しておられる方。



 使徒パウロもこの方の愛を受けて言います。
「神は、
これほど大きな死の危険から私たちを救ってくださった。
これからも救い出してくださいます。
私たちはこの神に希望を置いています」と。



 また、ペテロは言います。
「もしあなたがたが良いことに対して熱心であるなら、
だれがあなたがたに害を加えるでしょう。
たとえ義のために苦しむことがあっても、
あなたがたは幸いです。

 人々の脅かしを恐れたり、おびえたりしてはいけません。
むしろ、心の中でキリストを主とし、聖なる方としなさい。
あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、
だれにでも、いつでも弁明できる用意をしていなさい。
ただし、(反対者や取り調べをする者に対しても)柔和な心で、
恐れつつ、健全な良心をもって弁明しなさい。
そうすれば、キリストにあるあなたがたの善良な生き方を
ののしっている人たちが、
あなたがたを悪く言ったことを恥じるでしょう。

 神の御心であるなら、悪を行って苦しみを受けるより、
善を行って苦しみを受けるほうが良いのです」と。





 私たちの身代わりになって十字架刑での処刑を受けられ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、【父である神】の右の座に復帰なさったイエス。



 そのイエスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方は、私たちの心に
【父である神】の御思いを置いてくださるのだそうです。

 それで、私たちの心にも、
【父である神】の御思い、
一つ思いになり、同情し合い、兄弟愛を示す、
心の優しい、謙虚な思い、
悪に対して悪を返さず、
侮辱に対して侮辱を返さず、
逆に祝福する思いもあるようになるのだそうです。
祝福を受け継ぐ者にふさわしく。(Ⅱペテロ3:8~17) 



 イエスは、イエスの衣の裾すそに付いているふさに触れ、
12年の間、苦しんでいた長血ながちが治った女性に対しても、
「娘よ、あなたの信仰(信頼)があなたを救ったのです。
安心して行きなさい。
苦しむことなく、健やかでいなさい」と、
祝福の言葉をもって送り帰されたのだそうです。

 この女性は、多くの医者からひどい目にあわされ、
持っている物をすべて使い果たしたが、もっと悪くなるばかりで、
「あの方の衣にでも触れれば、私は救われる」と
思っていたのだそうですから。(マルコ5:21~34)


 私たちも、自分自身の理性にではなく、
再び、来て、地を治められるこの方、
大きな死の危険からも救ってくださる
この方に望みを置いて。
今日も。





聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。



〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント