【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる【父である神】の御思いで生きる者は、神の子なのだそうです

神の霊によって導かれる者は、
神の子なのです。ロマ書8:14(1/12の週の聖句)



神は奥義と秘儀を現す。ダニエル書2:22

 ああ、神の富の知恵と知識は何と深いことか。
だれが、神の定めを極め尽くし、
神の道を理解し尽くせよう。ロマ書11:33



 マタイ3:13~17
 詩89:1~19(通読箇所)
  (ローズンゲン『日々の聖句』(1/12:Ⅱ日曜)



 私たち、肉に従って生きる、
「神の一人のようになり、善悪を知る者」になっている(創世記3:5、22)、
生まれたときからの私という霊に従って生きる、
その霊から出て来る思いによって生きるなら、死ぬことになるのだそうです。



 しかし、【御霊】、【聖である霊】と呼ばれる方によって、
「からだの行いを殺す」、
その思いは、
イエスが受けてくださった十字架刑での処刑によって、
処刑された者、死んだものから出て来た思いであると認めて、
イエスの御前に差し出し、イエスの御前に捨てていく、なら、



 そして、「神の御霊に導かれる」、
【御霊】、【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる
【父である神】の御思いに導かれて行くなら生きるのだそうです。

「神の子ども」の身分をいただいて。



 これは、イエスによって現された、
【父である神】の深い知恵と知識による奥義、秘儀なのだそうです。


 イエスは、
バプテスマのヨハネから洗礼を受けられた時、
天が開け、神の御霊が鳩のように降(くだ)って来られ、
その時、
「これはわたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ」との声が
天からあった方。(マタイ3:16~17)



 ダビデに
「わたしは、あなたの裔(すえ)をとこしえまでも堅く立て
あなたの王座を代々限りなく打ち立てる」(詩篇89:4)
と預言されている方なのだそうですから。



 このイエスを通して、
【聖である霊】と呼ばれる方は、来られて、
死ぬはずの私たちを神の子として生かすために。

今日も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉



イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

"【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる【父である神】の御思いで生きる者は、神の子なのだそうです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント