こ)矩(のり)を踰(こ)えない、自由な生き方を下さって

わたしは
あなたたちが奴隷にされていたエジプトの国から
あなたたちを導き出した
あなたたちの神、主である。
わたしはあなたたちの軛(くびき)を打ち砕き、
あなたたちが立って歩けるようにした。レビ記26:13



 キリストは
私たちを自由の身にしてくださったのです。
だから、奴隷の軛(くびき)に
二度とつながれてはなりません。ガラテヤ書5:1



 ロマ書9:31~10:8
 Ⅰコリント1:10~17(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句1/21;火)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)は、

今から3500年ほど前のこと、
エジプトの国で奴隷とされていたイスラエルの民をエジプトから導き出し、
自立して歩めるようになさった方なのですね。



 そして、自分の力で自分を律し、
神の基準に達し、
神から「義なる者」と認めてもらわねばならない、とする軛を
不要なものとし、
私たちを【聖である霊】と呼ばれる方による
自由の律法で生きる者としてくださっているのだそうです。



 だから、その、以前の生き方に帰らないように、と勧められているようですね。
自分の力で、自分の行いによって
神の義に到達しようとする努力は、
神がイエスによって差し出してくださっている恵み、
イエスへの信頼によってすべての人に与えられる救いに
つまずいてしまうほかないのだそうですから。



 【父である神】は、
十字架刑での処刑を受けて、死んで
墓に葬られたイエスを死者の中からよみがえらせ、
天の、ご自身の右の座に復帰させなさせ、
このイエスによって私たちを義と認めてくださるのだそうですから。(ロマ9:31~10:10)



 そして、この出来事を、
すべての人が信頼して受け取ってほしいと願っておられるのだそうです。

イエスが受けられた十字架の死が空しくならないように。(Ⅰコリント1:17) 


 イエスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方によって私たちにも、
「孔子が言う、
「七十にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず」との
自由な生き方を与えて。

今日も。



(近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント