戦争、民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、地震、飢饉が起こる中で

お前たちはなんとゆがんでいることか。
造られた者が、造った者に言いうるのか、
「彼が私を造ったのではない」と。
陶器が、陶工に言いうるのか。
「彼には分別がない」と。イザヤ書29:16



 皆互いに
謙遜を身に着けなさい。Ⅰペトロ5:5



 ヨハネ15:9~17
 マルコ13:1~13(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句3/25;水)


 私たち人間は、
天の神、【主】の創造の目的から「的外れ」になっていて、
ゆがんだ、逆さな考え方をしているもののようです。



 造られた者が、造った者に
「彼が私を造ったのではない」とか、
「彼には分別、わきまえがない」と、
あるいは、さらに、「造り主などはいない」と言って。



 それは、私たちは、
「(神の御座をおおっている)密雲の頂に上り、
いと高き者になろう」(イザヤ14:14)とする性質を持つ、
高ぶる者だからなのでしょうね。



 だから、「みな互いに謙遜を身に着けなさい」
と勧められているのでしょうか。



 この「神の一人のようになり、
善悪を知る者」となって(創世記3:5、22)、
「的外れ」になっている私たちの
〔生まれたときからの私〕という霊を、
イエスが受けられた十字架刑での処刑に合わせていただいて、
処刑が済んでいるもの、死んだものとしていただき、


 死んで墓に葬られ、
三日目、死人の中から新しい霊のからだに復活し、
天の、【父である神】の右の座に復帰された
イエスを通して来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方をお迎えし、



 この方が私たちの心に置いてくださる
【父である神】の御思いで生きるようにしていただいて。(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23)



 イエスが私たちを愛してくださっている、その愛に留まり、
互いに愛し合ってほしいとの【父である神】の御思いのとおりに。



 この世の中が、
「私こそキリストだ」と
キリストの名を名のる者が大勢あらわれて多くの人を惑わし、
戦争と戦争のうわさ、
民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、
あちこちで地震があり、飢饉ききんが起こるようになる中で。(マルコ13:1~13)



 【聖である霊】と呼ばれる方によって
謙遜な思いも心に置いていただき、
造り主である【父である神】の御思いのとおりに生きる者へと。
今日も。



(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉





イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント