赦してくださり、赦す者にもしてくださって

わたしは地上から上げられるとき、
すべての人を
自分のもとへ引き寄せよう。ヨハネ12:32(5/24の週の聖句)



赦しは主のもとにあり、
人は主を畏れ敬うのです。詩130:4



主が
あなたがたを赦してくださったように、
あなたがたも
同じようにしなさい。コロサイ書3:13



 ヨハネ16:5~15
 詩131(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句5/24;Ⅳ日曜)

 
 イエスは言われたのですね。
「地上から上げられる」、
十字架刑によって、ということのようです。



 イエスが十字架刑での処刑を受けることが、
すべての人の罪の赦しの道が開かれることになる、と。



 【父である神】は、
御子である方を人間イエスとして人間の世に派遣し、
この方がおよそ33歳のころ、十字架刑で処刑し、
その、イエスが受けられた処刑で、
私たちを処刑済みになっていることに
してくださるのだそうですから。


 イエスは、
十字架にかかられる前夜の夕食の席で、
弟子たちに言われました。

「わたしは初めからこれらのことを話すことはしませんでした。
それはあなたがたとともにいたからです。



 しかし今、わたしは、
わたしを遣わされた方のもとに行こうとしています。



 わたしは真実を言います。
わたしが去っていくことは、あなたがたの益になるのです。
去って行かなければ、
あなたがたのところに助け主はおいでになりません。
でも、行けば、
わたしはあなたがたのところに助け主を遣つかわします。



 あなたがたに話すことはまだたくさんありますが、
今あなたがたはそれに耐えられません。
しかし、その方、すなわち真理の御霊みたまが来ると、
あなたがたをすべての真理に導いてくださいます。
御霊は自分から語るのではなく、
聞いたことすべて語り、
これから起こることをあなたがたに伝えてくださいます。


 御霊はわたしの栄光を現されます。
わたしのものを受けて、あなたがたに伝えてくださるのです。
父が持っておられるものはすべて、わたしのものです。
ですからわたしは、
御霊みたまがわたしのものを受けて、
あなたがたに伝えると言ったのです」(ヨハネ16:5~15)と。



 だから、この方が、
イエスの、つまり【父である神】の「赦す」御思いを
私たちの心に置いてくださるので、
私たちのうちにもこの神の赦す御思いがあるようになり、
私たちも人を赦す者にもしていただけるというのですね。



それで私たちは、
まるで、自分で人を赦せるかのように心おごらず、
目を高ぶらせず、
自分の力の及びもつかない大きなことや奇くすしいことに
足を踏み入れず、
乳離れした子が母親とともにいるように、
たましいをやわらげ、静め、
とこしえまで、主を待ち望む(詩篇131)のですね。



【聖である霊】と呼ばれる方が働かれるのを。
この新しい週も。





(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)



〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉





イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント